• 建設コンサルタントという職種は私たちのまちづくり、社会資本整備において重要な役割を担っています。 今の日本に求められているのは、災害に負けない安全な国土と快適で魅力的な社会ですが、その要求に応えるには高い技術力と柔軟な発想が必要です。
    富貴沢建設コンサルタンツはその為の新しい人材を募集しています。
    やりがいや目標を見つけて頑張ることが出来る方なら、きっと私たちの力になってくれるはずです。
    「夢と技術の架け橋」になれるよう、共に研鑽を重ね、夢を実現させましょう。
    ご応募をお待ちしております。

  • [所属]
    技術第一部 設計一課
    [入社年度]
    平成22年度
    [出身学科・専攻]
    建設学科建設工学コース
    [出身地]
    茨城県

    仕事の内容は?
    主に橋梁に関する業務に携わっています。業務には,新設橋梁の詳細設計のほかに,橋梁の点検や補修補強設計などもあります。詳細設計業務における私たちの一連の作業内容は,現地調査,設計条件の整理,橋梁形式の選定,設計計算,設計図の作成,施工計画の立案,工事数量の算出などです。

    思い出に残る仕事は?
    入社してから初めて担当した橋梁詳細設計業務です。当初,私の設計計算ミスでたくさんの方にご迷惑をおかけしてしまいましたが,たくさんの方の力をお借りして何とか最後までやり遂げることができました。時間がかかった分,学んだことが多かったです。

    職場の雰囲気は?
    私は経験年数が少なく,設計に関しては,わからないことが多いのですが,誰でも質問がしやすく,親身になって一緒に考えてくれます。違った分野のエキスパートがいるので,私の疑問や問題はほとんど解決してしまいます。

    学生時代の研究内容は?
    研究テーマは「鋼とコンクリート接触面の腐食の発生・進展に関する実験的研究」でした。橋梁において,鋼材腐食による劣化は大きな問題となるため,点検業務などでは学生時代の研究が少し役立っています。

  • [所属]
    技術第一部 設計二課
    [入社年度]
    平成12年度
    [出身学科・専攻]
    工学研究科 エネルギー環境科学専攻
    [出身地]
    栃木県

    仕事の内容は?
    新規に建設される道路橋の計画・設計および現存する道路橋の耐震補強設計に従事しています。また,近年では現存する道路橋の点検・補修業務にも従事し,橋梁点検では自分で橋梁点検車や高所作業車を運転し,点検することもあります。

    やりがいを感じるのはどんな時?
    自分が設計に携わった橋を完成後に実際に通ったときです。地図に残る仕事が一つ出来たかなと実感し,施工中のトラブル対応や設計で苦労した事等を思い出し,感慨深いです。
    業務中においては,自分が検討し作成した資料を用いた説明に対して,クライアントから「分かりやすいね」といった評価を頂いたときに,やりがいを感じます。

    富貴沢建設コンサルタンツで働いてよかったと思うことは?
    私たちの会社が請負う仕事は,栃木県内がほとんどであり,地元密着型の志向です。私自身も地元であり,日々よく使っている道路や橋に関わる仕事ができ,仕事を通して社会貢献できることがよかったと思います。(東京の会社より残業が比較的少ないのも良!)

    就職活動中の方へ一言!
    まずは自分から動くことが大切で,業種に関係なく様々な会社と社員に会いに行くことが良いかと思います。そうすることで,自分のイメージする将来像と合致する会社に出会えるかと思います。焦らずにがんばってください!

  • [所属]
    技術第二部 道路課
    [入社年度]
    平成22年度
    [出身学科・専攻]
    都市環境工学科
    [出身地]
    栃木県

    仕事の内容は?
    私の部署では主に道路の計画を行っています。新たな道路を整備するにあたり,どのルートが最適であるか周辺環境を考慮し比較検討を行いながら決定していきます。
    また,道路を整備するにあたり必要となる構造物(ボックスカルバート,擁壁)等の計画も行っています。

    思い出に残る仕事は?
    道路を新設するにあたりいくつかのルートを計画し,比較検討を行いながら最適ルートを選定する業務です。計画延長が8.0㎞程度あったため周辺の現地調査に3日間かかりました。計画場所が日光市であり設計時期が冬であったため,調査は大変でしたが,調査の結果をもとに自分の思い描いたルートを計画することができた時,仕事に対するやりがいをとても感じました。

    職場の雰囲気は?
    基本的に黙々と仕事をしていますが,わからない事などを相談した時に仕事の話だけではなくくだらない事なども会話出来る雰囲気なのでとても仕事がやり易い環境です。

    入社当時に感じたことは?
    まず初めに感じたことは,先輩方の温かさです。入社して挨拶した時にも笑顔で迎え入れてくれたことを今でも強く覚えています。なにも出来ない私に仕事を優しく教えてくれました。
    仕事をしていく中で先輩方の設計に対する知識の膨大さに驚かされました。
    日々,勉強でありゴールがないからこそどこまでも追及し,やりがいのある仕事なのだろうなと感じました。

  • [所属]
    技術第二部 地域計画課
    [入社年度]
    平成23年度
    [出身学科・専攻]
    農林環境科学科
    [出身地]
    栃木県

    仕事の内容は?
    私の課では、道路を中心としたまちづくりや地域の環境に関する業務を行っています。
    内容としましては、渋滞対策の検討や道路事業に対する交通解析、公園の計画・設計、道路の無電線化による景観・都市基盤整備の改善等があります。
    私はその中でも渋滞対策や交通解析等の交通関係の仕事を中心に行っています。

    仕事をする上でどのような知識や能力が必要?
    私は農学部出身のため、道路や橋梁に関する知識はほとんどありませんでした。
    そのような私でも経験豊富な先輩方の助けもあり、安心して仕事をすることができます。
    あえて必要なことをあげるとすれば、良いものを作ろうとする気持ちだと思います。


    富貴沢建設コンサルタンツで働いてよかったと思うことは?
    他の課とは違い、直接構造物等に係ることは少ないですが、自分の行った交通解析などを元にして事業が進んでいくことにとてもやりがいがあると感じました。

    就職活動中の方へ一言!
    最初は慣れないことばかりで戸惑うことも多いとは思いますが、分からない事は相談する等、基本的な事を行えば大丈夫です。
    近い将来、皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

  • [所属]
    技術第二部 水工課
    [入社年度]
    平成21年度
    [出身学科・専攻]
    農業環境工学科
    [出身地]
    静岡県

    仕事の内容は?
    私の仕事内容は,主に河川に係る計画や設計を行っています。河道や河川構造物の計画,調整池の計画などの業務を主に行っています。また,近年のゲリラ豪雨の発生により道路冠水などが発生するようになり,その排水対策や計画などの業務も行っています。

    やりがいを感じるのはどんな時?
    計画を始める前にまず,現地調査を行います。調査の時点で何もなかった箇所に,自分が計画に携わったものが現場で完成し、実物を見たときには、感動するとともに達成感が感じられます。

    仕事をする上でどのような知識や能力が必要?
    学生時代に学んだことは,基礎的なものでしかなく実際に仕事に生かされる部分は少ないと思います。仕事をしていきながら,先輩・上司から学ぶことの方が大きいと思います。また,これが正しい,正解だというものがなく,それぞれの条件に適応した考え方が必要になってくると思います。

先輩の声 所属 技術第一部 設計一課の先輩 所属 技術第一部 設計二課の先輩 所属 技術第二部 道路課の先輩 所属 技術第二部 地域計画課の先輩 所属 技術第二部 水工課の先輩

よく見られているコンテンツ

  • 会社情報
  • 業務案内
  • 採用情報
  • 実績紹介
ホーム

採用情報